Q08)食事の味などの点検が配膳前に為され、また塩辛すぎたり、薄味過ぎることがないように、検食が超キザミ・ピューレ食にまで及ぶ心配りがされている。

カテゴリー: 食事介助の姿勢

解説:検食が形式的に終わっている施設が多いのが現状です。事後になったり、健常者向けの食事に限られているのが一般ですが、これでは、検食の目的が完全に果たされているとは言えません。味の良否をコメントできない被介助者を代弁して、真に、美味しい食事を提供する施設が増えて欲しいものです。おかずが混ぜられて味が変わってしまうピューレ食の味見をしている施設は、他の介護場面でも、配慮が行き届いているものです。

▼このようなサービスを実施している施設をご存知ですか?

思い当たる施設・サービスなどございましたら、下のフォームからお知らせください。
皆さまからのメッセージを、お待ちしております。
注意】内容確認ページはありませんので、
入力内容をよくご確認の上、送信してください。


 A. 特別養護老人ホーム(特養) B. 介護老人保健施設(老健) C. 認知症型グループホーム D. 小規模多機能グループホーム E. 介護付有料老人ホーム F. 障害者施設