Q02)家族にパスワードを渡し、被介護者の日々の体温・血圧などのデーターや生活状況を、施設外からインターネットで確認できるようにして、遠隔地や外国居住の家族への便宜を図っている。(有料・無料の如何を問わない)

カテゴリー: IT導入促進と利用者情報の提供

解説:特に遠隔地に居住する家族や親族は、施設に通えなくても被介護者の様子を知ることが出来れば安心できますし、伝言を残せば、間接的にコミュニケーションができるメリットを享受できます。それが、結果的に、施設への訪問の頻度の向上にもつながって来ます。施設生活者の孤独感や淋しさも軽減されます。

IT技術で比較的容易に実現可能なサービスであり、妥当な料金での有料提供ならば多くの家族が利用するはずです。将来的には、家族と利用者の間で、映像によるコミュニケーションの例まで実現するでしょう。

▼このようなサービスを実施している施設をご存知ですか?

思い当たる施設・サービスなどございましたら、下のフォームからお知らせください。
皆さまからのメッセージを、お待ちしております。
注意】内容確認ページはありませんので、
入力内容をよくご確認の上、送信してください。


 A. 特別養護老人ホーム(特養) B. 介護老人保健施設(老健) C. 認知症型グループホーム D. 小規模多機能グループホーム E. 介護付有料老人ホーム F. 障害者施設