Q02)入浴日でなくても、職員の裁量で必要と判断される場合、臨機応変に浴室でシャワー洗浄をしている。

カテゴリー: 入浴・清拭・シャワー浴など

解説:日常の被介護者の排泄状況によっては、清拭で対応するよりもシャワーで下半身を流して拭く方が理にかなっている場合があります。しかし、施設での現実は、常時、温水が沸いていてシャワーも使えるにもかかわらず、杓子定規に浴室は入浴日だけしか使わないのが通例です。ところが、被介護者の便宜を重視する施設では、職員の状況判断でシャワー洗浄を可能にしているところがあります。そういう方針を持つ施設は、介護サービスの全般に職員の優しさとか心のこもった配慮が払われているものです。

▼このようなサービスを実施している施設をご存知ですか?

思い当たる施設・サービスなどございましたら、下のフォームからお知らせください。
皆さまからのメッセージを、お待ちしております。
注意】内容確認ページはありませんので、
入力内容をよくご確認の上、送信してください。


 A. 特別養護老人ホーム(特養) B. 介護老人保健施設(老健) C. 認知症型グループホーム D. 小規模多機能グループホーム E. 介護付有料老人ホーム F. 障害者施設