友人の弟が渡比して滞在1ヶ月で苦境に陥りました

フィリピンで生活する願望にしっかりした心構えがなかったからだと私は考えているのですが、この男は覚悟と気配りが余りにも弱いようで気掛かりです。6月1日付のこのブログで彼が渡比したと記載したのですが、その彼が世話を引き受けてくれたフィリピン人夫妻と早くもトラブルを起こしたというか考えが合わずに離別してしまったのです。

日本でもらえる年金の範囲内で生活するという基本方針を、「それでは金額が不足するから僅かしか残っていない貯金の半分以上を比国に一括送金して、それを資金にして周辺の市民に高利貸しをすれば何とかなるから・・・」とそそのかされそうになってので、それに私がストップを掛けたのに、今度は、「数頭の子豚を飼育する小規模の養豚業をしよう」との誘いに簡単に乗ってしまい、その準備段階で意見がまとまらなくなり、それを止めようと合意したら、既に、最初の25万円ほど初期投資金を巻き上げられてしまっているというのですから、全く困った御仁です。なぜ、事前に報告をしてくれなかったのかと呆れています。

それを私に知らせることなく、先週末には、マニラに立ち寄る用事があるので、今週月曜日に私の別の友人に会わせてくれと急に連絡して来たのです。

その友人は、去る2月に私がマニラに短期間行った際に会って、「こういう日本人がいるのだが、マニラの郊外に住む事も選択肢として持っているので、何か良いアドバイスをくれないか」と頼んだのですが、それに対して、親切にも、「自分が経営している日本風の居酒屋で短期間手伝ってくれても良いよ」と有難い案を提示してくれた男です。しかし、何を目的に、この友人に直接に会って相談したいのかを明らかにせずに突然会いたいというので、私は面くらいました。

そして、私は、この日本人をセブ島からマニラに向かう途上で、電話と電子メールで捕まえて尋ねたら、「セブ島で世話をしてくれていた比国人との関係が壊れてしまったので、別の土地に活路を見つけるために、ルソン島の横にあるMarinduque(マリンドュケ)島の島民に会った後に、マニラ在住のお前の当の知人に会おうと思っている」と旅の目的を知らされました。

「そんなことを急に言われても、あの日本風の居酒屋で手伝う話は立ち消えているし、また、その知人に会いたいと言っても、今日は木曜日、明日電話して頼んでも、週明けの月曜日に会えるかどうかも分からないのに無茶だよ」と私は思いながらも、「まあ、兎に角、会ってくれるように強くお願いしてみるよ」と、面会の機会を確保する努力を約束しました。この男の手前勝手さには呆れました。

案の定、結果として、彼らは会うには会えたのですが、マニラでの友人は既に他に重要な用事が詰まっていたので、2人の話し合いは30分足らずで終わり、何の成果も得られなかったようです。結局、この日本人、マリンドゥケでもマニラでも期待した結果を得られず、セブに戻ったのです。私も、こういう手前勝手な無思慮な立ち振る舞いに手を焼いてします。

この10日間、色々なことがあったのに記載する暇がなかったです

妻の退院後、彼女と同居の娘と自分自身のための3食を毎日用意するのが私の日課となりました。しかも、娘の勤務の関係から彼女たちの就寝時間と起床時間がとてつもなく早いので、そうした習慣に馴染んで来なかった私には寝不足の日々が続いています。

5時30分に起床、就寝は10時30分から45分とは健康的ですね。

しかし、料理は創造的で楽しく、そして、故津川雅彦氏と同様に、病身の妻には過去の全ての献身と自己犠牲への感謝の気持ちの表現として、全ての家事は少しも辛いとは思わないのが不思議です。

幸いにも、妻は病院からの帰宅後、徐々に体力と気力を回復して来ているので、私としては今のところ遣り甲斐を感じています。この状態、いつまで継続できるのか自信は全くありません。

今日、妻が退院しました。病名は腸閉塞でした。

朝の検温で37.6度の微熱で血液検査に付されましたが、異常個所がないことが確認され、予定通りに帰宅できました。12日間で終わったのは幸いでした。

その間に、消化器官と周辺の臓器が精密に検査され、どこも悪い個所が見つからなかったので、「大きな手術の可能性が疑われたので、消化器官と周辺臓器の精密検査を実施しましたが、全て異常なしと判断しました。かなりの健康体だということが言えます」「ただし、パーキンソン病の治療とのバランスの良い付き合いが不可避ですから、注意をしながら生活してください」というのが担当医からの最後の申し渡し内容でした。

何れにしても、大きな心配から解放されたのは本当に幸いでした。これからの家庭での療養生活が大事になると思っています。結局、私自身の対応能力に頼られるとも言えるので責任の重さを感じています。

神奈川県臨床作業療法大会に参加してみました

医師の指導のもとで、手芸・工作・家事などの作業を通じて、身体の回復や精神状態の改善などを図りながら、社会的適応能力を回復させることを目的とするのが作業療法と称されるとのことで、日本では1963年に最初の作業療法士養成学校が設立され、65年、「理学療法士及び作業療法士法」が制定され国家資格となったという。専門の養成校を卒業し作業療法士国家試験に合格すると、その当資格名を名乗ることができのだそうです。

作業療法士を中心として、精神・認知障害、身体障害、老年期障害、発達障害などの保健・医療・福祉の現場に従事する人々の神奈川県での大会が催されるとの案内をYMCAから得たので末席を汚して来ました。

午前10時に、障害者の作業を通しての経験談を5名の発表者から聞くという形でスタートしたのですが、それが約2時間あって、午後からは専門家により行事が用意されているらしく、私などの一般人の参加は予定されていないので、それ以上の詳細で具体的な体験談とか課題の議論には参加できなくて残念でした。

しかし、私も肢体障害者や知的発達障害の人々と接する機会を得ていますから、午前中の会議だけでも今まで関わりの薄かった別の分野での現状についての新たな知識を得て、有益な勉強と適度の刺激を受けました。

この日本だけでも、障害者の生活に関わりを持って尊い社会貢献をしている立派な人々が多くいることに感銘を得たのですが、私としては現在関わっている以上に新たなことを始めることは家庭事情と自分の体力と気力の限界を自覚しているので、知識だけを得たことで満足することにして帰宅して来ました。

急速に体調回復を見せている妻に来週早々の退院許可が出ました

今日の午後の回診時の担当医からの申し渡しです。その前に病院の栄養士との面談があり、そこで退院後の家庭での栄養上の注意事項について説明を受けた際に得た私の印象通りでした。

大腸に異常なくポリープも無し、胃と十二指腸にも異常なく、通便も回復して来た。頻尿は小腸内に滞留していた消化済みの液体が腎臓へと吸収されて尿になっているのだから素人でも彼女の体調が正常化しているのを読み取れています。だから、そろそろ病院から追い出し動機が高まるだろうと思っていたからでした。

来週早々といっても月曜日の午後に同院で世話になっているパーキンソン病の医師による定例の検診が予定されているので、それを済ませてからにするのが賢明だろうと判断して、取り敢えず、消化器官の担当医の退院許可に対しては、「来週の火曜日で検討します」と答えました。

帰宅後に便秘癖を回避する方法を励行させねばなりませんが、当人も入院生活を早く切り上げたい気持ちが高まっていますので、来週火曜日退院の方向を目指して、残りに2〜3日を過ごすことになるでしょう。

「彼女は結構健康体の持ち主ですね」と担当医に言われて・・・

入院中の妻の回復は順調です。昨日は午後から鼻から胃を通って盲腸あたりまで深く挿入されていた汚物吸引用の管と酸素吸入が取り外されました。勿論、まだ点滴用の管は腕にしっかりと取り付けられてはいますが随分と動作の自由の取り戻しができました。

腸の働きを回復するために、口から摂取を始める食物は消化の良いもので、ご飯はお粥食で、重湯から、3分、5、7と上昇することになるので、退院までにはもう少し日数を要するみたいです。当初の予想の大きな腫瘍の切除の必要は全く消えたのですが、消化器官に加えて周辺の臓器の機能などの検査が続いていますが、腎臓、膵臓、胆嚢、心臓、肺臓など多くの機能検査と形状検査が続けられているようです。

「全ての検査結果が正常です。この人はパーキンソン病以外は予想外に健康体の所有者ですね」と主担当医に言われてしまいました。これでは、退院して帰宅してから、彼女の自信が益々医者嫌いを強めそうです。

まだ、微熱があるようで、また、昨夜はひどい下痢を経験して眠る暇がなかったとのこと。ひどい便秘に苦しんだ数日前までの過去が信じられません。夜中の寝不足を早く回復して体力が戻ることを願っています。

今日から、私も行動予定を戻そうと思っています。すでに、昨晩は、習慣であった水泳に出掛けましたが、今晩は、東京の高田馬場の福祉士養成学校での外国人看護師の養成課題についての勉強会に出掛ける予定です。

大腸内に腫瘍はなく、胃の中も異常なく、徐々に回復の途に・・

妻の胃腸内の検査結果は、当日の午後6時ごろの主治医の病室訪問で、彼女の横たわるベッドの脇で知らされました。パーキンソン病を患う彼女の状況としては朗報でした。

何と、「直腸の上に見つけられた大きな塊は腫瘍ではなく、長期に蓄積された古便の塊であった」「全て、内視鏡で砕いて体外に除去した。その奥の大腸内には腫瘍やポリープは存在しないと確認した」「胃の中の状況も異常なし」「肛門の前で古便の塊に塞がれた汚物が排便をひどく制限した結果、その前までに小腸全体に詰まった液状の消化物が行きどころがなく溜まり、とうとう胃内まで逆流して来て、嘔吐として排泄される事態になったと判断される」「現在、小腸に溜まっている液体を小腸の入り口まで管を挿入して10秒おきに鼻から外へと吸引している。パンパンになった下腹部は徐々に小さくなり柔らかになるだろう」「問題は、パーキンソン病対策用の投薬が腸の活動を制限するので、私の方は腸の活発な機能を促進するのが関心事であるという二律背反の課題にどのように対処するかでして、担当医同士で検討することになります」ということでした。

何れにしても、兎に角、危機を脱してくれたので、安堵しているところではあります。こんな初体験はしたくないものです。

早朝に救急車で病院に連れ込んだ妻は危機を脱しました

この1ヶ月の間、頻繁にトイレを訪れる妻の消化器系統の体調が昨晩最悪状況に達した様子で、嘔吐する彼女の立てる物音に気付いたら、胃から吐き出した汚物の色は濃い茶色。しかし、全く匂いのしないものが洗面器を満たしました。

娘を起こして相談し、妻を説得して救急車を拙宅に呼んで、彼女のパーキンソン病を世話する総合病院に連れ込んだのです。

病院に向かう途上、救急隊員が触診で下腹部が大きく腫れて固くなっていることと便秘症状から体内で消化された食物が胃の方に逆流していると予想して、病院に連絡をしていたので、到着後の病院での対応が迅速でした。即刻、対応して診断した医師が、私のところに来て説明するには、「肛門から指で触診したら直腸の真上に大きくて硬い塊に触ったが、腫瘍の可能性が高く、また、それにより出口を塞がれた消化済みの液体が大量に腸内に溜まっていて、腸の拡大が限界に達しているので、このままにすると小腸破裂の危険が高いので、手術室で大至急処置をする」「自分は消化器専門の外科医なので、このまま私がCTスキャン、レントゲン、内視鏡で観察しながら対応するが、腫瘍であれば至急に組織を採取して、良性か悪性かの検査を顕微鏡で観て判断する。これだけ大きな腫瘍は癌の可能性が高い」「以上の作業を進めることに合意して欲しい」と言われました。 [続きを読む...]

神奈川県下の特別支援学校から車椅子関連機器22点を受領しました

酷暑の中で、学校関係者の応援を得て子供用の通常の車椅子に加えて、立位訓練機器、ウォーカーなども頂戴して来ました。

この学校は、元PTA幹部メンバーが今でも当会の活動をサポートしてくださるので、毎年のこの時期、すなわち、一学期の最終日近辺で、譲渡の連絡をいただき、私が立会いに出掛けるのが常なのです。公立学校なので、職員の定期異動とPTA役員の例年の改選がせっかく築けた人脈を切らせがちなのが悩みなのですが、一時期のPTA役員が引退しても応援くださると、こうして車椅子の入手が継続できるので、本当に有難いです。

今日は、カーシートが4台含まれました。カーシートとは幼児を自動車に乗せて移動する際の座位保持用のクッション付きの椅子ですが、海外では肢体障害児の家庭で自家用車を保有する例が極めて少ないので、「車椅子に関連しない機器」として、譲渡される対象から外れていなかったのですが、フィリピンなどでは、障害児施設がカーシートを自家製車椅子の母体として利用する事例を私は確認しているので、そうした施設に寄贈する積りで貰い受けて来ました。

屋内生活に明け暮れしている妻が熱中症の兆候を見せています

全室エアコンを備えているのに節約性の彼女は「私は暑さを感じないから・・」などと言ってスイッチを入れようとしなかったのに、さすがに昨日・今日と弱冷房をし始めたのですが、間に合わなかったのか、今朝10時ごろから体調異変を訴え始めて、とうとう夕食後に嘔吐をして、かなり辛そうにしています。

私たちの70歳以上の年代は始末ごころが染み付いていて高いとの先入観から電力消費を回避せねばとの意識に苛まれていて、やせ我慢をしないでエアコンを使いましょうと言われてもダメですね。大事に至らないことを祈っています。