浄土宗の僧侶の東北大震災の被災地でのボランティア活動を知りました

カテゴリー: 東北関東大震災

昨日、京都に行き拙宅の菩提寺を訪れ、住職と有意義な懇談をしました。7月8日付けのメールで10日後の18日に横浜の自宅を来訪して回向をすることの可否を打診されていたのに、それに気付いたのが8月10日であったという極めて不注意で非礼をしてしまったので、即刻お詫びをしたのですが、そのフォローアップを兼ねて、来年に来る実母の七回忌の法事の依頼をしました。話の中で、この僧侶も東北大震災の被災地のに出掛けて石巻市に出掛けて、被災者の精神的な支えにつながる支援活動をされていることを知りました。 [続きを読む...]

豪華キャストの出演で期待した映画「わが母の記」の中途半端な表現に失望しました

カテゴリー: 未分類, 東北関東大震災

 昭和のベストセラー作家「井上靖」の自伝のような小説が昭和39年以降の日本の家族の絆を、豪華俳優たちの好演技の助けを借りて、巧みに描いたと大評判らしいので、昨日のロードショー公開直後の今日、鑑賞して来ました。シニアー料金1000円でした。作家と年老いた母親との複雑な絆の表現がアメリカで好評を博したとのことなのですが、高齢者介護の経験談としてはかなり物足りない感じがしました。 [続きを読む...]

突然、明日から通訳のボランティアの機会が舞い込んで来ました

カテゴリー: 東北関東大震災

 やはり外国関連の人々の仕事では年齢制限が最優先ではないようですね。昨日、アメリカからの救護グループの通訳で東北の被災地に同行して世話をさせてもらえそうな話が届きました。夜行でワゴン車での現地入りの予定で、決して楽な仕事であるはずがないのですが、現在の気力と健康の状況ならば十分に引き受けられると考えて、即刻、OKの返答をしました。どういう仕事と生活の環境が待っているのか期待しています。心配はしていません。これから、念のために、寝袋や使い捨てカイロや少しの食料を買い集めて、荷造りを始めようと思っています。現地でインターネットにアクセスできれば、ブログへの書き込みを継続できますが、どうなるでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

書き入れていただくコメントは自動的に公表せずに受領確認と共に公表の諾否を投稿者に確認して後に掲載しますので、心配されずに投稿ください。お名前も匿名またはペンネームを使っていただいて結構です。また、サイト運営者への連絡にこの欄を使われても結構です

年齢制限が障害でボランティア活動を得られていません

カテゴリー: 東北関東大震災

 日本は何かと年齢制限が障害になるみたいですね。一般雇用の応募での年齢制限は先進欧米諸国に比べるとあからさまに存在するのですが、まさかボランティア活動でも存在するとは予想していませんでした。こうなると選択肢が狭まり私の希望の実現も簡単ではないと些か悲観的になっています。カナダの医療支援団は未だかなり厳しく専門知識と経験を要する場所に集中しているようでチャンスが回って来ていません。外国からの支援グループの手伝いだったら年齢制限が緩いだろうと期待して、英日・日英の通訳を兼ねるボランティアの機会を求めて、その方面に応募をしています。簡単にあきらめずに、「意志があるところに道は開ける」の精神で根気よく待つつもりです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

書き入れていただくコメントは自動的に公表せずに受領確認と共に公表の諾否を投稿者に確認して後に掲載しますので、心配されずに投稿ください。お名前も匿名またはペンネームを使っていただいて結構です。また、サイト運営者への連絡にこの欄を使われても結構です

戻れる目処の立たないカナダでの健康保険加入を一時停止しました

カテゴリー: 東北関東大震災

 日本での天災地変の懸念が払拭できない現状で家族を置き去りにしてカナダに戻る訳には行きません、従って、僅かに希望をつないでいた「5月からの夏学期に復学すること」も不可能と判断しました。現地の公的な健康保険制度の加入資格を一時的に止めてもらう手続きを取りました。そこで月額5千円ほどの保険料の支払いを止めることになります。日本では家族を含めた健康保険に入っていますので、私が海外で生活している間の二重加入になっていた状況が解消しました。 [続きを読む...]

地方選挙の投票の機会をタイミング良く得て国民の義務を果たしました

カテゴリー: 東北関東大震災

 今日は統一地方選挙の投票日ですが、私の居住地では、県知事と県会議員と市会議員の3つの同日選挙ということで、投票に行って来ました。たまたま、帰国しているので県民と市民の義務を果たすことが出来たのですが、些か浦島太郎のような心境でして、日本の自宅周りの生活環境に疎くなり、どの候補者に投票したら良いのか迷いました。選挙を運営する地方自治体の経費節減のための同日選挙という事情は理解できますが、多くの選挙民が、どの候補者がどの議席を目指しているのかを理解できないまま投票場に出掛けて行き、その場で投票相手を選ぶということが多発する弊害が懸念されます。

 私は、自宅に配られて来た選挙公報での候補者の公約を見ながら事前選択をしたのですが、「東北とともに生きる 挙国一致」「がんばろう!日本」「東日本大震災への救援対策に万全を尽くします」「被災者の救援、防災対策の強化に全力」とか、にわか作りのスローガンを掲げるご都合主義と言いますか、短期志向の人気取りの魂胆が明らかな候補者の存在に躊躇しました。そう書かないと票が逃げると心配してのことでしょうか? 阪神淡路地震とかスマトラ沖地震の経験から長期・永遠の地域及び国家課題であったので今になって取って付けたように騒ぐ姿勢に違和感を覚えています。

 投票時間内に候補者の批判をしたり、特定候補者を支持するコメントを載せて選挙違反の疑いを掛けられたら困るので、これ以上立ち入った意見を、ここでは述べないことにします。

 今日の展開は薄曇りの空模様で外気温は20度ぐらいですが、投票場は閑散としていました。相変わらず、投票率は50%以下なのでしょうか? 納税負担の多い北欧諸国では常に投票率は80%以上が普通のようですが、政治批判をする国民の多い日本での低い投票率を改善するにはどうしたら良いのでしょうか? 増税したら上昇するのでしょうか・・・・??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

書き入れていただくコメントは自動的に公表せずに受領確認と共に公表の諾否を投稿者に確認して後に掲載しますので、心配されずに投稿ください。お名前も匿名またはペンネームを使っていただいて結構です。また、サイト運営者への連絡にこの欄を使われても結構です

復学の可否を気にしてくれているカナダの大学の厚意がありがたいです

カテゴリー: 東北関東大震災

 カナダでも日本の大震災のその後についての関心が、福島原発事故に集約されてしまっているようです。私が休学している大学の学務課の主任から、「放射能の汚染水の流出が止まり、原子炉と使い済み燃料棒の加熱も抑えられて、電気の供給不足が解消して問題が一段落したようですね。東北地方の寒冷地でのコタツ等の暖房機の使用も自由になることだろうから、震災も一段落したようですね。ところで、復学するのは、いつになりそうだろう?」というニュアンスの電子メールを受取りました。 外国に居ると、不正確な情報と断片的な日本文化の理解が、このような「早やトチリ」を招くようです。将に風評とは、こういう思い込みからの人々の行動のことを意味すると言えるようです。しかし、それにより、物の不買への動きにつながらない風評は、相手に解り易いように説明すれば済むことなので、扱いに困らず、また、笑い話で終わらせることが出来るので、罪がないです。 [続きを読む...]

被災地が以前と同じような形態に復元を始めると、また、津波で元の木阿弥になるのでは?

カテゴリー: 東北関東大震災

 震災後1ヶ月、そろそろ倒れた家屋や町並みの復興が始まるでしょう。人々のすることに信頼を寄せたいのですが、気になっているのが、どのように復興するかということです。罹災の前のままの形の復興ですと、歴史が繰り返して何年後にか、また、津波で破壊される可能性が高いですから、近代日本の復興としては相応しくないだろうと、他人事ながら心配になります。勿論、私の払う国税も使われるのでしょうから、他人事でなく、少しは意見を述べる権利があるとも思うのです。 [続きを読む...]

外国のマスコミは情け深く、日本人の大衆の規律正しさを誉められてくれますが・・・・

カテゴリー: 東北関東大震災

 今回の大震災の影響で悪化した生活環境に対峙する日本の大衆の落ち着いた生活姿勢を外国人の多くが絶賛してくれているようで、私も 「やはり・・・」と誇りを感じています。一時の日常品の買占め的な騒ぎも直ぐに収まり、計画停電にも交通機関の間引き運転にも、そして節電から節約、買い控え、自粛と、日本人は静かにすることがとても得意ですから、それが規律の良さとして外国人の好感を得ます。昨日、私は、そのことでの「全国的な右にならえ」に懸念を述べました。良かれと思ってしていることが良い結果を生まないことがあるからです。日本の経済が疲弊し、国全体が悲観ムード一色に染まることを恐れるのです。願わくば、この時期だけは、すべての日本人が善意に溢れ、良い行いが良い結果をもたらすようになって欲しいです。 [続きを読む...]

型にはまる、「右ならえ」の日本人の性癖が気になっています

カテゴリー: 東北関東大震災

 自分の同じ日本人なのに8ヶ月も海外生活をして戻って来ると、自分が普通の日本人から逸脱した感覚に染まっていることが分かります。大震災後の社会の対応の仕方を見ていますと、以前には気付かなかった日本人とか、その集団や日本という国の動き方にある種の傾向を見て取れるような気がしています。勿論、私の偏見とか思い違いがあるかもしれないので、「これ!」と断定して善悪を論じる積りはないのですが・・・・・ [続きを読む...]