空ら梅雨の横浜に雷雨と雹が降り本格的な夏が到来??

カテゴリー: 災害

全くと言っても良いほどの空梅雨の中の晴天で猛暑でしたが、ようやく降雨がありました。強い雷雨だけで、一部の地区で降った雹からは逃れました。

私の住む神奈川県は渇水の心配が毎年ないので晴天は歓迎なのですが、随分と荒っぽい天候が襲ってくる世の中になったようで、家族は戦々恐々です。

この暑い酷暑が続くと誰かが熱中症に罹らないかと心配になります。

気の毒にも災害の犠牲者になった他の地域の方々のご不幸は他人事ではありません。

阿蘇山周辺に居住の被災者の皆さんの恐怖が想像を超えます

カテゴリー: 災害

熊本県側だけでなく湯布院などの大分県側にまで大地震が及んで大変なことが起こってしまい死者が倍増していることで、被災者の方々に送るお見舞いや慰めのことばが見つかりません。

とにかく無事を祈るばかりですが、他県からの応援が多岐に及んで来ているようで、わが国の人々の優しさが大きな慰めになり嬉しいです。 [続きを読む...]

木曽の御嶽山が突然噴火して大勢の登山者が命を落され痛ましい限りです

カテゴリー: 災害

 私は3000m級の火山に登った経験はなく、せいぜい2400mぐらいの火山の登山だけなのですが、火山の山頂の付近の岩と石だらけの登山路を思い出して、登山者は大変に怖い思いをされただろうと同情しています。

 しかも犠牲者が40人に達しそうな状況を知らされ、噴火当時は大変に戸惑われ命を失う恐怖感を味わわれて、他界されたり、やっとの思いで助かられたのだろうと、その切迫した状況を想像しています。それの再来を覚悟しながら、登山者の救助と遺体の収容のために、頂上付近まで登って行って危険極まりない収容作業をする、救助隊と自衛隊の皆さんの勇気と犠牲精神に心から敬意を抱きます。

 マスメディアの報道からはもはや生存者や新たに蘇生された人のニュースが出て来る見込みがないので、他人の不幸をこれ以上知っても何の心の安らぎを得る訳ではないので、当分の間、静観させてもらう積りです。

 

広島市の土砂災害での捜査隊の献身的な仕事を称賛する機会を今・・・

カテゴリー: 災害

 行方不明者を生きて救出できなかったことは残念ですが、あと2名を残すまでに、行方不明者の遺体が迅速に探し出されたのはさすがに我が国の救済体制がしっかりしていることを示してくれたと言えます。東日本大地震の場合と異なり被災範囲が狭かったことと津波災害ではなかったので人々や建物が押し流された範囲も土砂の痕跡などで推測が容易であったなどの理由はあるのでしょうが、捜査隊の仕事は迅速だったという印象を強く受けています。

 私は全ての遺体が見つかるのが近いと信じて、その時を待って、彼等の仕事振りを称賛させてもらおうと思って待っていたのですが、今日までにそれが叶わないことが明らかなので、そうした称賛の意を表す機会を失ってしまうと、その気持ちを忘れかねないので、今、それを表明させてもらいます。。 [続きを読む...]

大津波禍を思い出させる広島市内の土砂災害の様相は胸を痛めます

カテゴリー: 災害

 行方不明者の数の増減が気になります。東日本大震災と異なり被災地の面積が狭いのに被災者の総数が毎日変動するのは何故なのでしょうか? 住民登録とか人口把握とかの町村役場の能力の問題なのか、例によって、過度な個人情報保護の方針が災いしているのかもしれません。正確な数値把握が得意な日本のイメージらしくないので、ある種の疑問を抱かざるを得ないのです。

 それにしても、テレビ報道で見せられる被災地の様相は2011年の311大震災の直後の数々の瓦礫の山に埋もれている家屋の崩壊した姿と同じなのが、私の同情心を最大限に高めています。土石流に飲み込まれて苦しい思いをされたであろう犠牲者のことにも思いが馳せるからです。遺体が発見される速度がとても遅いことが心配になります。大津波の惨禍のもとでも同じことが起ったはずなので、どうしても私が馴染んだ気仙沼市と陸前高田市で見た光景につながるからでもあります。

 私の居住地の横浜市からも消防や医療や事務職員が応援に派遣されているのでしょうが、一日も早く被災者の救済が加速されることを祈っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

書き入れていただくコメントは自動的に公表せず、受領確認と共に公表の諾否を投稿者に確認して後に。掲載しますので、心配されずに投稿ください。お名も匿名またはペンネームを使っていただいて結構です。また、サイト運営者への連絡にこの欄を利用していただいても結構です