新年最初の昼食作り

カテゴリー: 男の料理教室

おせち料理に飽きてしまい今日は普通の昼食作りを始めました。娘も仕事に出掛けないので、私が作る料理を食べるつもりであるとか、当てにされてしまい張り切りました。

正月料理を沢山食べたから、余り食べられないという前提で、簡単なものを作りました。タマネギをみじん切りにして、それをフライパンで軽く炒めたところにひき肉を入れて一緒に炒めました(a)。あらかじめ電子レンジで蒸したポテトは、皮を剥いて捨てて、身をボウルの中で摺り潰して、いわゆるマッシュポテトを作り(b)、それを((b)と混ぜ合わせて良く混ぜてから大皿に丸く盛り付け仕上げ、メインディッシュとしました。

そして、サイドディッシュとして、電子レンジで蒸した野菜の胡麻和えを作り小皿に盛り付け、そして、上等のエビ入り蒲鉾と椎茸を入れたスマシ汁を加えて、出来上がりとしました。味はまずまずでした。家族からの評価は、何とか合格でした。

今年も毎週2回、嫁さんにレシピを考えてもらって、私が料理するという昼食作りの習慣を継続することに合意を得ています。

早速、今日は拙宅での料理教室、何だか変わったレシピを突き付けられました

カテゴリー: 男の料理教室

 「マグロね汁」と云うので、何かと思ったら先生である妻による命名で、角切りマグロとねぎと小松菜を一緒に煮た後に豆腐を加えて味噌味にしました。それにナスとオクラを茹でて鰹節を降り掛けるというお浸し風の物とトマトを添えて3品となりました。彼女が考えてくれた初心者用の昼食の料理のレシピだそうです。そう言えば、昔、「ねぎマ汁」という料理を食した記憶があるのですが、違うものだったかもしれません。

 ついでですが、先週の金曜日は、ハンバーグを作らされました。

 両方とも味の方はまずまず合格しました。添付の写真の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

書き入れていただくコメントは自動的に公表せず、受領確認と共に公表の諾否を投稿者に確認して後に。掲載しますので、心配されずに投稿ください。お名も匿名またはペンネームを使っていただいて結構です。また、サイト運営者への連絡にこの欄を利用していただいても結構です

男の料理教室に通うことを止めることにしました

カテゴリー: 男の料理教室

 丁度1年前に会員になった趣味の勉強だったのですが、本年1月から拙宅で妻の指導を受けて、週2回の個人レッスンによる昼食作りを始めて以来、両方の料理教室から恩恵を受けていたのですが、前者は毎月一回であり後者は毎週2回と学習機会が来るので、両方の機会が来る週は3回のレッスンとなり目まぐるしさを感じて来ました。年間で炊事場の前に立つのは、僅かに50回余ですから、いずれは1100回の専業主夫にれなるということなら到底無理なので、意気地のないことです。

 パーキンソン病と闘う妻の助けになる積りで直伝を受けているので、沢山のレッスンを受けて早く上達することを目指すのが良いのでしょうが、二人の先生から指導を受けるのが結構シンドクなって来ているのも事実なのです。とは言え、妻からのレッスンを止める訳には行きませんから、月一回の男の料理教室から脱会させてもらうことに意を決して、今日、その手続きを済ませてしまいました。

 結果として、良かったのか悪かったのかは、将来になって分かることでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

書き入れていただくコメントは自動的に公表せず、受領確認と共に公表の諾否を投稿者に確認して後に。掲載しますので、心配されずに投稿ください。お名も匿名またはペンネームを使っていただいて結構です。また、サイト運営者への連絡にこの欄を利用していただいても結構です

私の妻からの個人教授の料理教室も成果をあげながらもマンネリ気味です

カテゴリー: 男の料理教室

 愚妻という表現は時代遅れですから私は使いませんが、要はパーキンソン病の病状を徐々に進行させている私の妻が、将来の要介護度の進行を見越して、私に家庭料理を教えておこうと考えて始めた個人教授なのですが、私の覚えが悪いので、最近は毎回似たようなレシピを繰り返してくれます。

 その為というか、お蔭でと言うべきなのかもしれませんが、私の習得度は悪くないと思うのです。しかし、一方で、私としては些か物足りなさを感じています。もう少し別の系統の料理も教えて欲しいと思うのですが、昼食という範囲と云うか種類に集中していることが、彼女の選択を狭めているので、毎回同じような料理にならざるを得ないのでしょう。 [続きを読む...]

些かマンネリズム気味の「男の料理教室」、継続か退学か、迷っています

カテゴリー: 男の料理教室

 月一回の教室です。今日は添付のような出来栄えの料理を3人一組のチームで作りました。レシピではサマークッキングというタイトルつきでした。

 二つ目の写真での左下はカレー味の豚肉入り野菜ジュレをナンで食べるようにしたものと、豆腐のおかか焼き、それから沢山の種類の野菜のピクルスです。暑い季節向きの料理との講師の説明でしたが、外気は25度と低温の晩夏になってしまって季節外れだったかもしれません。

 私の担当はピクルス作り。用意された生野菜は、キュウリ、ミニトマト、赤パプリカ、ニンジン、セロリなど。それに加えて、ゆで野菜としてレンコン、新ショウガ、ミョウガなどを用意し、それに漬け汁を作りました。レシピに従い、米酢と水を各々1/2カップ、佐藤大さじ2杯、塩大さじ1/2に、赤唐辛子1本と薄切りレモン2枚、粒胡椒7~8粒、ローリエ(月桂樹の葉)1枚を深めの容器に全部入れて完成。それに上記の野菜を入れて1~22時間置けば良かったのですから、簡単でした。 [続きを読む...]