高齢日本人から滞在費用工面のための金貸し計画を断ったとの朗報を得ました

カテゴリー: 一般風俗, 友人としての思い

最近のブログで記載した通りの問題について、私の拒否提案に従って、現地人からの申し出を断ったとの連絡が入って来ました。現地の世話役を引き受けようとしている私の知人は、不承不承、受け入れたのだろうと推測されますが、私は安堵しています。

何か疑念を持たれ違反行為が現地の税務当局などに発覚しそうになったら、賄賂まがいの礼金の支払いでもみ消すような慣行に染まって生活することの不合理さを当の日本人高齢者が理解し納得したようなので、それが外国人移民者の正しい生活姿勢であると考える私は安心した訳です。

金持ちやインテリや政治家、そして教育者までが、こういうことに手を染めている限り、フィリピンなどの国が良くなって行かない、繁栄しても立派な国として評価されて行くことにならないと思うのですが、困ったことです。

勿論、そういう我が国の指導者層も微妙な問題を次々に起こしているので、胸を張って主張しにくい昨今です。

金魚の稚魚が孵化して、推定で200尾以上が容器の縁に止まっています

カテゴリー: 一般風俗

3〜4回も経験しているのですが、何だか、メダカよりサイズが小さいみたいです。今日で2日目ですから、そろそろ餌を与えねばならない時期が来ると予想して、手持ちの金魚の餌を小さく砕いて用意しました。明朝から毎日1回の割で与えるつもりです。

私と同じ趣味を楽しむ歌手の吉川晃司も同じことをしているだろうと想像しています。もちろん、私は彼と交友関係はありませんが、同じ趣味で繋がっているような仲間の感じを勝手に抱いています。尤も彼は高級魚を孵化させているでしょう。

若しかしたら、400尾ぐらいが誕生しているかもしれないとも思ったりしていますが、今年の冬を越すのは、せいぜい20匹ぐらいだろうと思っています。天敵に食べられない生活環境でも、それぐらいの生存率ですから、動物の世界で生き延びることは、本当に厳しいです。それを思うと、人間の世界は随分と安全な環境で生活できるようになっている幸運をしばしば実感させられます。

添付の写真は観にくいので、カーソルを上に置いてクリックしたら拡大できますのでご覧ください。

安倍政権のガタガタな行政体制は言いようがない程、醜いですね

カテゴリー: 一般風俗

私は安倍政権を始めから支持も信用もして来ていませんから、多くを語ることを避けて来ました。しかし、昨今、再燃して来た財務省の仕事のほころびの露見に加えての事務次官のセクハラの騒ぎ、スキャンダルが多過ぎて開いた口が塞がりません。

森友学園の学校用地取得と加計学園の獣医学部新設についての黒い霧に関しての安倍首相のいい加減で横柄な答弁の連続、加えて、麻生副首相・財務大臣の無責任な対応姿勢が重なったので、多くの国民が納得するはずがなく、内閣の支持率が下がる一方でしょう。

加えて、行政の下部では、女子レスリング協会のパワハラ問題、大相撲協会傘下での女性蔑視と差別の問題が続いて発生して来ています。組織の長が長く君臨すれば、こういう常識外のことが放置されすぎると言えます。国力がどんどん落ちて来ているとも言えますし、このような低俗な実力が今まで隠れていただけなのかもしれません。

こんなことに、私は驚いていませんが、それでも為政者の誠意と実力を見抜くことなく支持して来た多くの人々が危機感を深めることも、評価を変えることもなく、現政権を支持し続けるならば、我が国の将来は極めて危うくなるでしょう。

この辺りで、気分切り替えのためにも、安倍下ろし、麻生下ろしの動きが顕著になって来ても良いのではないでしょうか。

暇を見つけて開業された東京ミッドタウン日比谷に行って来ました

カテゴリー: 一般風俗

現地までは自宅から1時間ほどで行けるので、思い立って出掛けたのです。JR有楽町駅から徒歩1〜2分の所に新たに建ったビルとその周辺でして、西側に宝塚劇場が隣接し、更に、その奥が帝国ホテルです。そして、西側に日比谷公園を見下ろす地位条件はバツグンの場所です。

しかし、規模は東京ミッドタウン六本木と比較すると規模は小さく、ビルも低く、見劣りがしました。レストランも少なく、私の興味外の有名ブランドの高級品の店の数も少ない感じです。中のレストランの一つに入ってみましたが、平日の日中でしたから、殆どの客が有閑の中年と高齢の女性ばかりでした。店員に尋ねたら、「客は社用族でなく、主として、周辺の宝塚劇場や国立劇場の芝居や映画などの客が利用するのが大半だ」とのことでした。

どれだけ集客力を発揮し繁盛し、東京の新名所になり得るのか、かなり疑問を感じて帰って来ました。

今年も拙宅の駄物の金魚が産卵を始めました

カテゴリー: 一般風俗

先週金曜日に布袋草を購入して金魚を飼っている瓶に入れて様子を見ていたら、今日、幾つもの卵が根に付いているのを見つけました。その卵の付いている藻を、直ぐに、別のプラスチック容器に移しました。暖かい陽気が続けば週末には孵化して沢山の小さな稚魚が淵に着いて休息している姿が見られるはずです。いよいよ春欄(たけなわ)です。

妻の歩行訓練に付き添った後に急いで大阪に移動して来ました

カテゴリー: 一般風俗

顔馴染みの友人一行10人ですから、彼女の関心の高い満開の桜の景色の鑑賞に付き合った後に、大阪での一泊のために急いで拙宅を離れて、先刻、用意されたホテルに着きました。

途中のJR戸塚駅で、私の携行して来た小型のスーツケースに目を付けた極めて目付きの悪い男が、小さな声で、「何故、俺に眼つけるのだ」と囁くので、「何も見てませんよ」と即座に応答したら、直ぐに目を離して、去って行きました。たまたま、待っていた電車が遅れるとのアナウンスがあったので、同じホームの反対側に来た湘南新宿ラインの電車に乗って横浜に移動した後に横浜線で新横浜にたどり着き、5分ほどの待ち合わせで新幹線の自由席に乗って来たのですが、途上では何にも異常なことは起こりませんでした。

あの男の意図はなんだったのかと思うのですが、世の中の片隅には、そういう若い輩がまだ存在することを思い起こす良い機会だったと思って、些か疲れを感じながら、早めに就寝しようと思っています。

部屋の存続と弟子の安心を優先して自分の地位の没落に忍之一字の貴乃花親方

カテゴリー: 一般風俗

賢明な判断でしょう。部屋の滅亡と弟子の失職・他部屋への移籍に及べば、弟子の親にも弟子たちにも申し開きができないという最悪のシナリオを回避したのでしょう。他の部屋に引き取られて男の陰湿なイジメや嫌がらせを受けさせて這い上がるのを期待しても成功率は低いでしょうから、自分の部屋で全員が結束して悔しさを最大限の鍛錬に賭けるのが本筋だとの思いに私も共感しています。

コジツケがましいですが、沖縄に11回目で最後の訪問をされている平成天皇の皇太子として最初の訪問の際に火炎瓶を投げ付けられたことに怯まずに、昭和天皇の罪滅ぼしの意を継承して誠実に同県の各地に慰霊訪問を繰り返して、徐々に県民からの信頼を獲得されたように強い志を堅持して精進されたことの格好の例を拠り所にして、貴乃花親方も志を堅持して誠実に精進されることを祈っています。今は敵対している親方衆からの信頼を取り戻すことができるはずです。

彼の素直さに拍手を送り、部屋の将来の興隆に期待しています。

3月に入りましたので、確定申告の準備を急ぎます

カテゴリー: 一般風俗

毎年私は3月12日から14日に申告書を提出するので今日から着手しても遅くはありません。毎年のことなのですが、年金収入に比して、それに課される源泉徴収の税金が多すぎる傾向が続いているので、それを還付してもらうために確定申告が欠かせなくなっています。加えて、パーキンソン病を患う家内の医療費が増加気味なのも、確定申告を止められない理由なのです。

20年以上も付き合ったソフトバンク携帯電話の使用を止めましたが・・・

カテゴリー: 一般風俗

日本でソフトバンクが携帯電話事業に参入する以前のVodafoneという英国系の電話会社が運営する時代から加入して来た利用経験を今日で止めました。25年以上の付き合いでしたので、少し寂しい気がしましたが、当のソフトバンクの職員は淡々と手続きを進めてくれました。

それよりも驚いたのは、この業界でも携帯電話料金のみならず他の公共料金も自社に取り込んで管理サービスを申し出てくることでした。丁度、ガス会社や電気会社が同じ客を取り込むように、携帯電話会社が従来型の有線電話やインターネットのルーターのサービス料金をも一括に取り込んで、総括して料金を請求し回収しようという動きが活発になって来ていることを知りました。

自社の本業でない固定電話(ファックスも含む)サービスも卸業者になって小売商売をして、本業の無線電話関連の商売と一緒にして商売するという事業戦略を展開するという事業方式が、今後も拡大して行くのだろうと思わされました。今までは毎月五千円ぐらいであったものが、他の電話サービスと取り込むと優に1万円を超えるようになってくるのですから、なかなかの商魂の逞しさを感じさせられました。

新しい事業風俗という感じのトレンドでしょうか。

当地のホテルでの極度に室内を冷やす慣習に閉口させられています

カテゴリー: 一般風俗

当地マニラに到着して以降の今日までの6日間、寒くて夜中に目が覚めて、厚い木綿の浴着に包まって寒気を凌がざるをえない寝不足の生活が続いています。特に東南アジアのエアコンの寒気の利かせ方は異常だからです。

しかも部屋の温度を上昇させる機能が高級ホテルの室内にないのです。仕事を終えて部屋に戻ると温度が20度を切っているので、温度を上昇させるツマミを操作するのですが、一向に温度が上がって来ないのです。仕方なく、エアコンの機能を停止させ、自然に温度が上がるのを期待したのですが、何の効果も出て来ないのです。確かに朝の起床時にパネルに表示されている温度を見ると22度ぐらいには上昇して来ているのですが、私が期待する24度には達していません。

昨夜は、思い付いて、部屋に備えられている電気アイロンを最強にして温度の上昇を待ちました。幸にサーモスタットが働くので、火災を起こす心配は避けられています。ようやく今の室内温度が24度になっています。

高額の宿泊代を支払って、これでは何だか引き合わない気がしています。

明日は、ミンダナオ島の首府のダバオ市に移動しますが、どうなるでしょうか・・・・