atkaigo.orgのドメイン登録を更新するのに苦労しました

カテゴリー: サイト運営一般

2年ぶりの更新でしたが、期限切れを起こしてしまい、慌てました。登録を10年以上も昔にして以来、毎回定期的に処理していた更新の手順を覚えておらず、思い出すのに手間が掛かったのです。今回は、4月23日の当日に更新をしようとしたので、結局、期限切れになり、余分の手間が掛かったのです。先方の規定している手順が変更されていたようで不慣れで、加えて、期限切れ後の手順が初体験であったので戸惑い、そして、更新期日の2日前から所定のドメイン名そのものにブロックが掛けられていたので、その対応にも手間がかかりました。その解除にも余計な時間を費やするはめになたという言い訳もありました。

登録し管理してくれている会社はスイスに本部を置くJoker.comというもので、対応は親切なのですが、すべてをインターネット上で処理するのに手間取ってしまいました。戸惑いながらも、何とか更新できました。これで、暫くの間、従来通りブログへの投稿も継続できます。

atfukushi.orgのドメイン名の登録延長ができたと連絡を受け安堵しています

カテゴリー: サイト運営一般

少し余計な費用が発生しましたが、2年間の延長ができたようです。使用して来なかったドメインなので、何処かで有償譲渡をしてみようと思い始めました。

私が10年間保持して来たドメイン名の登録の延長に苦労の末、失敗しました

カテゴリー: サイト運営一般

くだん(件)のドメインは、このホームページのatkaigo.orgではなくて、もう一つのatfukushi.orgでして、これは登録だけで、実際には使用していないものなので、登録を維持して来ただけで結構な費用が掛かってきたのです。それで、放棄するのが何だか勿体無いだけのことです。本心は、いつ放棄しても構わないのですが・・・

兎に角、この2ヶ月、全くの試行錯誤で延長手続きを試みたのですが、期限を過ぎてしまったようです。期限切れの後の猶予期間の最終日の最終時間が迫る中、日本時間の翌朝1時半まで頑張ったのです。登録業社はスイスに所在しているので、まだ午後5時半だったかも知れません。

丁度それは日本での自動車運転免許の期限切れの扱いに似ていたのですが、当然ながらパソコンで料金を支払ったら、「あなたの所有のドメインで未払いのものはありません」と表示が現れたので、首尾よく延長に成功したと思ったのですが、何となく、その表示の現れが唐突だったので、改めて事務局に問い合わせました。返答が来るのが明日になるので、成否のほどはまだ確信が持てません。

このブログ投稿で開始以来累計3000回になります。

カテゴリー: サイト運営一般

2008年11月にこのブログに初投稿して以来、今日のこの投稿が3000回目になります。その期間が11年半になります。我ながら気長に頑張ったという感慨を覚えます。

最初は、このホームページの目的に沿って、高齢者介護のことを中心に私見を書き続けたのですが、2010年8月初旬にかねてよりカナダのバンクーバーに所在する大学に留学を実行する機会に、ホームページを含めて、そっくり、その活動を停止してしまおうかと迷いました。ところが、多くの友人から、「ブログの投稿内容を読んで楽しんでいるので、どんなテーマでも良いから、書き続けて欲しい」と言われたことで、半分おだてに乗らされて、カナダでの学習生活の様子を含めて、私見を、出来るだけ毎日書き続けたのですが、その生活は波乱万丈でした。

しかし、日本の自宅に残していた妻がパーキンソン病を患っていることに気づき、手前勝手に振る舞うことが出来ないと観念して、急遽、大学を退学して帰国して来ました。それが、2012年2月でした。

幸いにもと言うか、私の早とちりだったのかもしれないのですが、その後の彼女の病の進行が予想したよりも緩慢でして、四六時中、彼女の介助をせねばならないという事情に見舞われることなく、自分には自由な時間がかなり確保できる毎日を送って来て、以来、すでに5年間が経ちました。

現在は、海外への子供用車椅子の寄贈をするNPOに所属して、関連する活動にボランティアとして従事する一方、近所のYMCAの運営する英語教室の中の海外からの帰国子女を対象とするクラスの教師のアシスタントとしてボランティアで働かせてもらう傍ら、ほとんど毎晩、別のYMCAの水泳プールに通って体力維持を図り、また、2ヶ月に一度ぐらいの頻度で、高齢者を世話する介護士の養成学校の教員を対象とする研究会のメンバーとして、勉強させてもらったり、最新情報を得る機会を得るというような活動をしています。

そのような日々の生活の中で、遭遇したり考えたりすることを、このブログに書き綴るようにしているのですが、それが積もりに積もって、累計で3000回に到達してしまったという訳です。しかし、とかく怠け者の性癖と、為すことがマンネリになりがちに陥る傾向が嵩じて来ていますから恐らくブログを訪ねて来ていただき読んでくださっている方々を失望させることが、多くなって来ているのではないかと思う昨今です。 [続きを読む...]

今日は思いがけずもサイトのデーターベース問題に光明が現れました

カテゴリー: サイト運営一般

理由が何だかわからないままの解決でしょうか? 私が頼りにする友人は、解決できずに焦っている私に、「対応できないまま放置しておいても実害はないだろうから、心配しないように」と言ってくれていたところ、サーバー運営業者からは、「あなたのサイトの中身を調べたところ、サポート期限が切れる古いデーターベースで動いていないから、問題が生じる心配はならないから大丈夫、安心してください」と連絡して来たのです。

どちらの見解でも、「当面、サイト運営に支障の起こることはない」というニュアンスなので、安心して良いのかもしれません。

それにしても、古いデーターベースで組み立てられているものを新しいデーターベースに移行する必要のあるサイトの所有者にのみ連絡していると知らせて来た移行要請のメールを受け取ったはずなのに、そういう連絡をして来た業者が、「あなたのサイトは対象外ですから、安心してください」と言って来たことの自己矛盾に大いに戸惑っています。

移行期限が本日ですから、私の不安は高まっています。今日はどうしようもありませんので、期限切れとなる明朝に業者に再度問い合わせてみる積りです。

サイトの復元は出来ましたが、問題は解決していません

カテゴリー: サイト運営一般

今回の一連の問題は、借りているサーバーを運営してくれている業者から、関連のソフトを動かしているphpMyAdminと称されるもので私のサイトの設計で使っているバージョンが古くなっていて、サポートが明日の9月16日に期限として出来なくなるので、「サポートが出来るバージョンに移行せよ」という連絡を受けて、示された手順に従って作業をしようとしたのですが、何度試みても上手く行かなかったのです。

その試行錯誤の過程で、何か操作にミスを私が犯してしまい、サイトが消えてしまいました。ようやく昨日1週間ぶりで復帰しました。私の友人が原因を見つけてくれまして、この問題は解決しました。

しかし、ソフトのバージョンの移行は出来ていないままです。明日16日が期限です。同じ友人が自分で移行が可能かどうかを努力してみると言ってくれています。それを頼みにするしかありません。

実は、上記のサーバーの運営業者に何度も指導を依頼しているのですが、何しろ、電話での指導を得られないので、いちいちメールでのやり取りになります。私は無知のまま質問し、相手は有能な技術者で、難しい用語や操作手順を述べてくれるので、私が理解できる答えを得ることが出来ません。

私は、根気負けしないように何度も丁重な口調で繰り返し質問をしていますが、心配を深める段階から、私の心境は、今後の展開がどうなるのかの興味へと移行しています。

復帰の救世主は車椅子ボランティアの若い友人でした。

カテゴリー: サイト運営一般

運悪く私の普段使っているパソコンの無線ラン接続の機能の働きがしばしば中断してしまう最近の不具合に悩まされている時に、彼は多忙な勤務を終えて自宅に戻ってから私が救済を求めていたサイト運営で遭遇している問題を素早く解決してくれていたのです。彼からの修復できたとの連絡メールすら受信できないまま、問題の詳細を説明しようとして電話をしたら、応答した彼が、「修復しましたよ。確認してもらいましたか?」と事も無げに言われて、私は初めてサイトの復活が彼の助力のお陰であることを知りました。

それは私が歓喜で興奮してブログに報告した直後のことだったのです。

まさに持つべきは友です。今朝は取り敢えず、このことを報告しておきます。

お待たせしました。不具合を修復することができました。

カテゴリー: サイト運営一般

しかし、どうしてサイトの表示が消えてしまったのか? そして、どうして復活できたのか? コンピューター音痴の私には未だに理解できてません。これこそ「狐につままれたよう」なのです。

事の起こりは、このサイトの運営で使われているソフトのバージョンが古くて、その技術的なサポートが出来なくなるので、phpMyAdmin称する何だか理解していないソフトのバージョンを「新しいものに9月16日までに移行せよ」という連絡を、サイトの運営のために世話になっている業者である ヘテムルという会社から受け取っていたので、先月末頃から、それに応じるべく示された手順で作業をしたのですが、どうしても上手く行かなくて、何度も試行錯誤を繰り返していたら、急に、このサイトにアクセスが出来なくなったのです。

そこで、事前の宣言も説明もできる機会も確保できぬままに、突然に、そういう現象が起こったのですから、毎日のようにサイトを訪れることが習慣になっていた皆様はびっくりされ、「どうしたのか」と思われて、心配いただいたのではないかと思っております。 [続きを読む...]

このブログに意味のないコメントが付着して来るのを回避する方策を取りました

カテゴリー: サイト運営一般

去る9月25日に、、「意味のないコメントが拙劣この上ない自動翻訳まで付されて送り込まれるので迷惑している」ことを、訳文の事例を紹介しましたが、それがどんどんとエスカレートして行き、毎日15~20件にも及ぶようになったので、その傾向を発見して、対策を取ったら、昨日から、その種のコメントの取り付きが完全に消えています。傾向とは、殆どのコメントが或る日のブログに集中して来ることです。それが毎日同じことを繰り返し、しかも、毎回同じ文章のコメントを発信して来てその会社のホームページに誘導するように、そのURL情報(ホームページのアドレス)を表示して来るのが分かるのです。 [続きを読む...]

何ともみっともないイタズラ・・・・コンピューター自動翻訳はまだまだです

カテゴリー: サイト運営一般

 他人の迷惑を顧みない人間の欲深さも、時には、被る迷惑が我慢の限度を越えます。時には、加害者はそれを感知しないだけでなく、どれだけ加害者自身のイメージを損なわれ、自身が大きな損をしているかを知らずに、バカなことをし続けるものです。今日はその一例を紹介します。

 誰しも自分のホームページを運営しますと、迷惑この上ない内容のコメントが張り付いて来ます。このブログも例外でなく最近は5~7つぐらいがくっついて来ますが、有名な物品のメーカーの広告のような内容のもので、私の書いたブログの記載とは全く無関係な物ばかりです。恐らく、コンピューターの自動操作で張り付くようになっているのだと想像しているのですが、いつも英文や他の外国語で書かれ必ず当該のホームページのURL情報が添付されています。

 それだけならば、商業主義の為すことであると我慢するのですが、最近、その3分の2以上が極めて拙劣な日本語に訳された内容で表示されので、その広告主のイメージを大きく損ねています。そのことに広告主自身が気付いたら、こうした拙い広告行為を即刻止めるだろうと思うのですが、全く、気付いていないようですから、気の毒と言わねばなりません。

 ここで、どんなに自動翻訳機能が実用性に乏しいかを紹介しましょう。全く日本語になっていませんが、救い難いヒドイものです。 [続きを読む...]