国際福祉機器展で車椅子の補修部品やリハビリ器具を見て来ました

カテゴリー: 介護用具

東京有明付近のビッグサイトで参加団体数、展示数など過去最大の盛況展示面積との振れ込みで二日目の中日で来場者も大勢でしたが、私の関心は介護関連機器で、特に車椅子とリハビリ器具と車椅子を搭載できる自動車、そして、車椅子の補修部品のメーカー探しでした。

そして、シンポジュウムでの「介護福祉のアジア諸国の現状と課題」の議論を聴取したかったのですが、事前の視聴を申し込んでなかったので、会場に入れませんでした。

車椅子の部品メーカー探しは、私のボランティア活動の「子供用車椅子の海外への寄贈」で苦慮している補修部品の入手価格の引き下げへの糸口を見つけることに関係しています。

殆ど全部の車椅子の日系メーカーが台湾製の部品を使用している事実があるので、私の所属している車椅子の海外への寄贈では、フィリピンやタイやマレーシアでは使用済みの車椅子を現地でリサイクルするためには、補修部品の入手が重要になりますが、その入手コストが高いと大きな支障を来たします。特に、補修部品の価格が不当に高額に規定されている日本でそれらを入手すると私の所属するNPOの財政を大いに圧迫して来ますので、それらを安価に入手する手段を講じねばなりません。

そこで、台湾から日本に営業拠点を設けている輸入業者を見つけたり、それらの母国(台湾)の本社工場の所在地を見つけることが必要になり、その役目を私が引き受けることになったのです。今日は、3社の所在地を見つけることができましたので、今後、彼らと連絡を取り、買い付け交渉をする予定です。

その他の私の関心事は、肢体障害者の運動能力回復のためのリハビリ器具の展示を見つけることと車椅子を搭載し運搬で聞く機能付きの自動車の発展振りを確認することでして、限られた時間で、一応それらについても情報を得て帰宅することができました。

特にリハビリ器具については、パーキンソン病で歩行機能を大きく失って来ている拙宅の妻のニーズに合うものを探すことになり、歩行器だけでなく、クルブシの筋力増強に役立つ「手すり付きのトランポリン」などに私の関心が集中しました。

それから、我が家のニーズには疎遠ですが、車椅子を運搬できる機能付きの自家用車がレンタルで利用できるように数機種が展示されているのに目が移りました。トヨタなどのメーカーが、そうしたレンタル用の自動車を販売していることを発見しました。

展示会は明日が最終日ですが、来年も秋に催されることが確定していますから、再び、行って見るつもりです。

国際福祉機器展を見て来ました

カテゴリー: 介護用具

年々出展企業が増えているので、とてもすべての機器の様子を見て業界の傾向を勉強することは、最近の私の境遇ではできません。今日は、午前10時半から午後1時半ごろまでの僅かに3時間だけの見学に終わりました。

私の興味は、ロボットと車椅子に限りました。ロボットの展示例が少なかったのは予想外でした。恐らく、音声認識の技術が低価格のロボットを作ることに限界が存在するからでしょう。限られた価格目標と正確な音声認識率の間の整合性が取れていないのかもしれないと思いました。

車椅子は基本構造物である金属パイプがアルミ系の部材の採用に傾斜来ているようで、製品価格が随分と高くなって来ているように思いました。普通のというのか、標準型の車椅子が10万円台になって来ていました。

そして、電動車椅子でなくて、電動アシスト方式の車椅子が目立って来ていました。電動自転車の技術の転用です。 [続きを読む...]

スエーデン製の簡易ギターが認知症老人介護に有効という高説に接しました

カテゴリー: 介護用具

簡易ギターなどと読んだら当事者をひどく立腹させるかもしれませんが、そんな印象を抱いてしまいました。

スエーデン大使館の講堂で介護用具として紹介され、その使用例の説明を受ける講習会で、初めて目にしました。

元スエーデン大使館の職員であったスエーデン人が社長としてその普及に取り組んでいるようであり、千葉県の舞浜を拠点として全国の介護施設に向けて、その成功例をPRしているとのことでした。

例によって私の撮る写真はいつもボケているのですが、幅15cm 長さ1mぐらいで4弦の軽量のギターかウクレレみたいでした。音はウクレレに似ていましたが、単価が5万円前後でしたから、ウクレレにしては高すぎました。 [続きを読む...]

障害者の移動器具などの支援技術の研究発表のセミナーに参加しました

カテゴリー: 介護用具

介護ロボットの開発の一環の情報収集と思って、今日は、東京湾岸のお台場のテレコムセンターに行き、東京都が運営する産業技術研究センターで開催された「福祉工学会の技術セミナー」で4時間半を過ごしました。私が所属する介護福祉教育研究会を指導している教授が介護福祉学会の会長であり、技術者集団として対比される福祉工学会との連携を試みて居られるので、今日のセミナーに、介護福祉側の関係者が一人も顔を出さないのは付き合い上も好ましくなかった、時間的な余裕があったので出席しました。 [続きを読む...]

国際福祉機器展で車椅子の分野に価格破壊会社が現われて嬉しくなりました

カテゴリー: 介護用具

 昨日10月1日から3日間の会期で始まった国際福祉機器展、今日一日、東京のお台場のビッグサイトの会場に足を運びました。昨年は12万1千人の来場者を得たそうですが、今日の場内の混雑ぶりは昨年以上であるように感じました。

 私の関心は、車椅子と介護用ベッドと介護ロボットでしたが、夫々、面白い収穫がありました。第一は、車椅子業界に価格破壊を標榜するメーカーが現われたことです。なんと堂々と、「価格破壊研究所」という看板を掲げて沢山の車椅子を展示していました。通常、大手メーカーが45,000円ぐらいを表示する商品に9,900円の値付けをしているのですが、しかも消費税8%込みで送料が無料としていました(添付写真の通りです)。

 かねてより私は、「日本の福祉機器の価格が高すぎる」「レンタル価格の高さも法外である」と訴えて来ました。数年昔に中国のメーカーが標準普及型の車椅子を4500円とか5000円の値札を付けていたのに、不発に終わり姿を消してししまいました。それは流通業者が相手をしなかったからであったようでしたし、それに対して、そのメーカーは、このような業界を相手にしなくても、欧米で商売量が増加しているので、その方の市場で事業拡大をすることに戦略転換をしていると言っていました。 [続きを読む...]

減らない介護機器の事故への対策はもっと強い監視の下で推進すべきです

カテゴリー: 介護用具

 被介護者が被る事故の増加は、被介護者の人口が増えて来ているので当然かもしれません。NITE(ナイト)と称する製品評価技術機構という独立行政法人がありますが、そこに報告されている事故では、過去5年間で介護ベッドの事故が79件で、電動車いすの事故の59件を丁度20上回っているとのこと。この2種類の機器の事故の合計138件の中で、死亡事故が55件もあるというのですから、私は少なからず驚いています。 [続きを読む...]

あす国際福祉機器展を観て来ます

カテゴリー: 介護用具

 毎年事前に案内状が主催者から拙宅に届くのが通例であったのに今年はどういう訳か届かなかったので、既に、展示会が始まっていることに気付きませんでした。9月に開催されることは意識の何処かにあったのですが、18~20日になることまでは知らなかったのです。とにかく訪れることが通例になっていたので、そんな理由で今年は行かないのも納得が出来ないので、急遽、別の予定を中止して、明日朝から東京のお台場のビッグサイトの展示場に行くようにしています。

 車椅子の業界の進展とか変化を発見たいのと介護用自動車業界の様子と被介護者の様子をその家族に限定して公開するソフトウエアーが開発される例が出て来ているかなどが、私の興味の項目です。どんなことを発見してくるか楽しみにしています。

—————————– 

書き入れていただくコメントは自働的に公表せず、受領確認と共に公表の諾否を投稿者に確認して後に掲載しますので、心配されずに投稿ください。お名前も匿名またはペンネームを使っていただいて結構です。また、サイト運営者への連絡にこの欄を使われても大丈夫です

福祉工学会の研究発表会に出席して来ました

カテゴリー: 介護用具

 4か月ほど以前に、介護ロボットの機能と車椅子を合体させて、新しい介護機器を開発するという構想で日本福祉工学会が召集した会議に招かれたことを記載しました。その後、もう一度、方向の定まらない同様の会合に出た際に、この工学会のセミナーがきょう開催されるという計画を知らされ、それを聴かせてもらうことを約束していたのです。その催しが、今朝10時から東京のお台場近辺のテレコムセンターに隣接する東京都立産業技術センターの立派な会議室で開催され、それに顔を出したということなのです。 [続きを読む...]

介護・教育・実践研究会で福祉用具業界について私見を説明しました

カテゴリー: 介護用具

 先日来その準備で思案を重ねていたのですが、時間はこちらの都合に合わせて待ってくれないので、とうとう予定の日が来てしまいました。業界のデーターが十分に得られなくて自信の無い内容だと自分では思ったのですが、聴いてくれた会員である介護士養成学校の先生の幾人かが、「為になった」「もっと福祉用具について関心を持たなくてはならないと思った」という感想が漏らされたので、まずまずの出来だったのかもしれません。 [続きを読む...]

今更ながら介護保険料のひどい無駄遣いが腹立たしいです

カテゴリー: 介護用具

 この週末に介護教育実践研究会で福祉用具について話をさせられることになっているので、その原稿を作っているのですが、福祉機器のレンタル制度での90%の公費負担により利用者を優遇する政策における公費すなわち介護保険料の無駄遣いの業界慣習の矛盾に苛立ちを禁じえません。

 長年の私の怒りの種となっているもので、新しい問題ではないのですが、このことに話が触れるたびに、制度の起こしている極めて不合理なことに腹が立ってしまうのです。 [続きを読む...]