障害者保護へのバリアフリー普及は先進国入りしている我が国の義務です

全日空の系列会社である格安運賃のバニラ航空が肢体障害の乗客の介助を禁止して、肢体を自由に動かせない乗客に自力で乗降タラップを上下させるという暴挙に及んだとは、ショックですね。親会社の全日空のイメージさえダウンです。

「安全に配慮する社内規則を忠実に実行した」との説明に誰が納得できますか? 事が起こってからの経営トップの言い訳、「職員の意識の徹底が不十分だった」など、みっともなくて聞いていられません。

しかも、同行した同僚の数人の乗客が往き便では当人を車椅子に乗せたまま担いで搭乗させたと言うではないですか。それが危険だったのなら、誰かが本人をオンブして後方から他の仲間が助力するなり、その動作を職員が買って出れば済んだことではなかったのでしょうか? 職員が手を貸そうとさえしなかったようですが、この会社のどこに「顧客サービスの気概」があったと言うのでしょう。

この会社、ようやく、今日から、搭乗ブリッジの備わっていない当該の空港に、階段昇降機能のある車椅子運搬機を持ち込んで使用することになったとのこと。何もかもが後手です。結局、費用の掛かる結末に追い込まれたのです。

私は、この事件をテレビ報道で知った時にすぐに思ったのですが、「そんな大袈裟なことを考えるよりも、飛行機の乗客用の通常の搭乗口の反対側にある出入り口を利用して、そこで食事などを入れた棚を昇降させて機内へと運搬している移動エレベーターがあるのですから、何故、当日、それを使うという機転を思い付かなかったのだろうか?」と疑問を抱きました。それにはエレベーター機能が付いているのに、そうした臨時的な便宜を乗客に提供するという思い付きさえ、職員が抱かない不思議さがあるのです。

多分、「それも社内規則で禁じられている」との理屈が優先されたのでしょう。

要するにこの会社の体質が、「顧客への便宜よりも事故回避を優先する」で凝り固まり、「例外時には細心の注意を払って対処する」といった応用動作を許すという柔軟性に欠けるものがあると言うことでしょう。

こういう会社の体質改善は、結構、難しいですよ。

国の福祉レベルを先進国入りさせるには、お金はかかるし、意識改革も必要です。「おもてなし」の良さを標榜する国であるのなら、その課題はまだまだ多いです。失敗経験から学んで改善することは大事です。これからを期待してあげましょう。

Comments

この記事に対するコメントを残す