金魚が産卵するという水温摂氏20度を超える時期が間近かです

本格的な春の近づきを感じる昨今の気候ですが、日中の気温が上昇し日光が水槽に当たると待望の摂氏20度に達しています。そろそろ金魚やメダカの産卵に応じて、布袋草を購入して準備せねばならないと意識し始めています。

昨年は初めて出目金の産卵を経験したのですが、孵化したのが3匹、冬越えで来たのが1匹と極めて寂しい思いをしました。今年は出来れば50個以上の産卵を得て、20匹ぐらいは冬越えさせたいと思って、胸を踊らせています。

専門のブリーダーではない私などが、メダカや金魚に産卵させ孵化させるのに最も適している布袋草がペットショップの店先に並ぶことを心待ちにしているところです。

Comments

この記事に対するコメントを残す