箱根以外にも楽しめる場所が清水港と日本平であることを示そうとして失敗しました

例の比国の友人は来日するたびに大阪入りした後の東京への移動の途中で箱根の芦ノ湖の畔を定宿での2泊を所望して来ます。そして東京では必ず築地魚市場の場外の寿司店でマグロの赤身ばかりを好んで食べ、「新鮮で美味しい」と言って喜ぶのですが、いつも築地というのも面白くないので、今回の来日の際に箱根から少し西へと後戻りして清水港でマグロの味を楽しんでもらおうと思い、同行したフィリピン人仲間10人を小型バスに乗せて、午前11時に箱根の宿を後にしました。

予定よりも早く清水港の魚市場に着き、予てから予約しておいた食堂でマグロの赤身を堪能してもらったまではよかったのですが、私の思惑に反して、近所の久能山の石垣イチゴ園ではイチゴが朝採りで既に完売済みで午前中に全ての店が閉店状態で新鮮なイチゴを買うことが出来ませんでした。

仕方なく、これまた近隣の丘の日本平の頂上に在る日本平ホテルで午後のお茶とケーキを食べたまでは良かったのですが、東京へ向かって暫くしたら、スマホに「東名高速道路は事故で渋滞中、東京までは3時間弱」とのニュースが飛び込みました。これが、2番目の予想違いとなりました。バス会社との契約では、東京のホテルには、遅くとも午後7時までに到着、それをし損なって、遅れたら、貸切料金と同額を追加して払うことになっていたので、心配しました。

スマホでの予想到着時間が午後7時を超えそうになっていたからです。しかし、結局は、午後6時40分に東京のホテルに到着したので、辛うじてセーフでした。当初のプランでは5時までに到着と見込んでいたからです。

この経験から、どうやら、清水港を再訪問する可能性は大きく遠退いてしまった感があります。

Comments

この記事に対するコメントを残す