安倍政権のガタガタな行政体制は言いようがない程、醜いですね

私は安倍政権を始めから支持も信用もして来ていませんから、多くを語ることを避けて来ました。しかし、昨今、再燃して来た財務省の仕事のほころびの露見に加えての事務次官のセクハラの騒ぎ、スキャンダルが多過ぎて開いた口が塞がりません。

森友学園の学校用地取得と加計学園の獣医学部新設についての黒い霧に関しての安倍首相のいい加減で横柄な答弁の連続、加えて、麻生副首相・財務大臣の無責任な対応姿勢が重なったので、多くの国民が納得するはずがなく、内閣の支持率が下がる一方でしょう。

加えて、行政の下部では、女子レスリング協会のパワハラ問題、大相撲協会傘下での女性蔑視と差別の問題が続いて発生して来ています。組織の長が長く君臨すれば、こういう常識外のことが放置されすぎると言えます。国力がどんどん落ちて来ているとも言えますし、このような低俗な実力が今まで隠れていただけなのかもしれません。

こんなことに、私は驚いていませんが、それでも為政者の誠意と実力を見抜くことなく支持して来た多くの人々が危機感を深めることも、評価を変えることもなく、現政権を支持し続けるならば、我が国の将来は極めて危うくなるでしょう。

この辺りで、気分切り替えのためにも、安倍下ろし、麻生下ろしの動きが顕著になって来ても良いのではないでしょうか。

Comments

この記事に対するコメントを残す