最近、妻の歩行能力が著しく低下してしまい車椅子を家内で使い始めました

前回の通院時に上体が右にどんどんと傾斜して行くのに対処する為に服用中の薬の一つの濃度というのか容量を2倍にすべく処方を受けて飲み始めたのですが、効き目が全く感じられないとのことで、右脇にクッションを挟んでも上体が横にほとんど直角に曲がったかのような状態で食卓から食事をすくって食べる状態になりました。

そして、この3日間に4回も床に転倒するように転んで座り込むことが続いたので、急遽、世話になっているケアマネジャーに連絡して車椅子の貸与を扱う業者に拙宅に来てもらいました。幸いにも当人はその車椅子を気に入ったようで、ご機嫌で座た状態で歩きを始めています。

私の提案にはことごとく拒否的な反応をする彼女でして、今回も、即刻、「足先部の出っ張りが洗面場の前面パネルにぶつかってしまって手が届かなる」などと、勝手に決めつけましたが、「とにかく、業者が来たら相談できるから、そうすれば、不都合を起さない車椅子の使用を提案してくれるはずなので、それを選択すれば良いではないか」と私。それでも納得しないので、娘に相談するように申し渡しました。翌日になったら、娘が、「ぜひ、そうしなさいよ」と言ったとかで、本人がようやくその気になったので、業者の来宅を待ちました。幸いにも同日に即座に持って来られた2種類の車椅子のうちの1つが気に入ったようで、取り敢えず、試し使用をすることになりました。

車椅子は両手で車輪を押すだけでなく、足置きペダルを外して、両足を床につけて左右に互い違いに前後に動かして前へも後ろにも移動できて、歩行器よりも移動速度を早めに操作できる上に、トイレの中にまでも入ることができるので、それに頼ることが常になりそうです。

私としては、何とか、自力歩行の能力を回復させられないかと希望を捨てないようにと思って、本人を車椅子から立ち上がらせて、彼女の左脇で右腕と右手を支えて前に歩くように促して、歩行の調子を思い出させたりしています。

次回の通院が来週に予定されているので、それまでは、彼女の歩行能力の維持に努力して行く積りです。薬の服用量を含めて、その後の生活について指導を受けるつもりです。

Comments

この記事に対するコメントを残す