絵画音痴の私が今週2回も東京都立美術館を訪れました

共に友人の紹介で鑑賞の機会を得ました。月曜日には「新世紀展」、そして今日木曜日に「旺玄展」の絵画の展示でした。

両方ともに理解できないものばかりでしたが、特に新世紀展は困惑というのか混乱というべきか、わからなくても感性で受け止めようとしたのですが、画家の訴求しているものが私の想像域をはるかに超えてしまうものばかりで、疲れました。ただ一人の外国人でインド出身の画家なのでしょうが、毛糸を貼り付けた作品でしたが、理解できませんでした。

旺玄展も力作ばかりで圧倒されたのですが、私の心が休まる風景画が多く見られて満足度は高かったです。同行した3人の友人がどんどんと先に進んで私の遅れを随分と気にしてくれました。私は分からなくても、どの画家も一生懸命に時間を掛けて気力と感性を投げ掛けた作品であると思い、出来るだけ丁寧に鑑賞しました。

久し振りの気分転換ができて気分良く帰宅しました。

Comments

この記事に対するコメントを残す