複数のことを忘れないですることが困難になって来ました

複数といっても僅かに2つのことなのですが、片方を忘れて別のことに着手するというか、行動を移してしまい、失敗しました。単なる高齢によることなのか認知症に陥ったのかと不安になります。

今日は、同じ病院で30分間隔で腎臓専門医と内科医との予約を消化せねばな利ませんでした。腎臓専門医には初めての診断を最初に受けたのですが、受付窓口で健康診断書を提示し、それが返却された直後に血圧測定を急がされたのが切っ掛けでした。

返却された保険証を収めた透明ファイルを自動血圧計測器の脇に用意されたカゴの中に置いたまま、計測を終えた途端に受審番号が呼ばれたので、急いで診察室に入ったのです。この病院の内科医との前回の診断の際に「血液検査の度に少しずつ腎臓関連の数値が上昇しているので、専門医に診て貰ったらどうか」と勧められての予約に基づいての今日の診断の機会でした。

今日は計測した血圧が、133、72と正常値だったので、嬉しくなったのも一因で、ファイルの置き忘れに気づかなかったのです。最近は上の値がしばしば150を超えることが重なっていたからです。

当の忘れ物のことを思い出したのが、次の内科医の診療室の前で自分の順番を待機していた時でしした。

内科医の診断が終わった後に直ぐに失せ物探しを始めたのですが、どこで紛失したのか全く思い出せずに遺失物担当室を尋ねても、今日訪ねた内科医、腎臓医師、採血室などを尋ねても届いておらず、途方に暮れそうになって最初の腎臓科の事務所を再度訪ねたところで、血圧計測機が目に入り、記憶が蘇りました。上記のファイルに似た物が脇の手荷物置き用のカゴの中に有るのを認めました。

幸いなことでした。私が計測した後に訪れた患者さん達が拾って行かなかったのです。

落ち着きのない私の性格が災いしているのか、物忘れ癖が嵩じているのでしょう。何れにせよ助かりました。

Comments

この記事に対するコメントを残す