国際福祉機器展で車椅子の補修部品やリハビリ器具を見て来ました

東京有明付近のビッグサイトで参加団体数、展示数など過去最大の盛況展示面積との振れ込みで二日目の中日で来場者も大勢でしたが、私の関心は介護関連機器で、特に車椅子とリハビリ器具と車椅子を搭載できる自動車、そして、車椅子の補修部品のメーカー探しでした。

そして、シンポジュウムでの「介護福祉のアジア諸国の現状と課題」の議論を聴取したかったのですが、事前の視聴を申し込んでなかったので、会場に入れませんでした。

車椅子の部品メーカー探しは、私のボランティア活動の「子供用車椅子の海外への寄贈」で苦慮している補修部品の入手価格の引き下げへの糸口を見つけることに関係しています。

殆ど全部の車椅子の日系メーカーが台湾製の部品を使用している事実があるので、私の所属している車椅子の海外への寄贈では、フィリピンやタイやマレーシアでは使用済みの車椅子を現地でリサイクルするためには、補修部品の入手が重要になりますが、その入手コストが高いと大きな支障を来たします。特に、補修部品の価格が不当に高額に規定されている日本でそれらを入手すると私の所属するNPOの財政を大いに圧迫して来ますので、それらを安価に入手する手段を講じねばなりません。

そこで、台湾から日本に営業拠点を設けている輸入業者を見つけたり、それらの母国(台湾)の本社工場の所在地を見つけることが必要になり、その役目を私が引き受けることになったのです。今日は、3社の所在地を見つけることができましたので、今後、彼らと連絡を取り、買い付け交渉をする予定です。

その他の私の関心事は、肢体障害者の運動能力回復のためのリハビリ器具の展示を見つけることと車椅子を搭載し運搬で聞く機能付きの自動車の発展振りを確認することでして、限られた時間で、一応それらについても情報を得て帰宅することができました。

特にリハビリ器具については、パーキンソン病で歩行機能を大きく失って来ている拙宅の妻のニーズに合うものを探すことになり、歩行器だけでなく、クルブシの筋力増強に役立つ「手すり付きのトランポリン」などに私の関心が集中しました。

それから、我が家のニーズには疎遠ですが、車椅子を運搬できる機能付きの自家用車がレンタルで利用できるように数機種が展示されているのに目が移りました。トヨタなどのメーカーが、そうしたレンタル用の自動車を販売していることを発見しました。

展示会は明日が最終日ですが、来年も秋に催されることが確定していますから、再び、行って見るつもりです。

Comments

この記事に対するコメントを残す