水栽培のヒヤシンスの花が一輪大きく開花しています

昨年11月に容器に水を注いで球根をセットして拙宅の玄関の暗い隅に置いて様子を見ていたら、白い根が沢山生えて来ていましたが1月末になって芽が出て来て茎が伸びて来たので明るい場所に出したら、更に伸びて、とうとう満開状態に至りました。ところが花びらの群がる上部が重さで傾き始めたので、球根ごと転倒するのではないかと心配になって、容器の上部と球根の隙間にスポンジやボール紙の詰め物をして更に傾いて転倒するのを回避しようとしたのですが、効果がないようでした。そこで、注意深く茎の生え際を見たら、もう一つ花房が出て来る気配が見えていて、それが茎を横に押し出していることが分かりました。

本当に、新たに花房が出て来て、それを支える茎が出て来たら2つの大きな花房の重みで栽培容器と一緒に倒れてしまうのではないかと心配させられます。

こうして自然の営みに癒される日々が訪れる春の季節は楽しいです。

例によって上手く撮れていない写真をアップロードしていますが、机の上に置いた花の茎が曲がっているのが認められます。

Comments

この記事に対するコメントを残す