今年のYMCA英語教室での生徒の学習態度は見違えるほど良いので楽です

今日から新学期で私がアシスタントとして世話するクラスの生徒は小学5〜6年生で、従来のクラスとは比較にならないほど規律正しく和やかな学習姿勢を示してくれたので、従来よりも良い希望が持てそうです。

過去3年間拙宅の近くのYMCAの英語教室で帰国子女の英語力維持を主目的とする授業のアシスタントして関わりを持って来たのですが、先月をもって、そのクラスが生徒数不足を理由に閉鎖されてしまいました。代わりに学校では私に何か別の授業を受け持てないかとのオファーをいただいたのですが、私自身が後期高齢老人であり何時病などで継続が不能になってしまい迷惑を学校と生徒に掛けることになっては申し訳ないし、そもそも、学習成果に責任を持たされるのは無償のボランティアとしては相応しくないし、この歳で報酬を得ることに興味がないので、断っていたので、どうなるかと思っていたら、火曜日の夕刻の同様の授業で応援する仕事のオファーをもらったのです。

昨日は、新年度の最初の授業でした。帰国子女で塾通いと重ならない時間なので、登録生徒数が4人と少ないのは当然と思われました。しかし過去の少し年齢が低い子供達ではなく、小学5〜6年生の11〜12歳なので、今度の生徒の学習態度はかなり良くて安心しました。年齢が10代始めの頃までの子供で、特に、男の子の多くは授業への集中度合いが低く教える側が手こずり時にはどうしようもなくなるのが私の経験でしたが、昨日は、最初の授業日であったからかもしれませんが、集中力が長続きして、授業の進行もスムーズでしたから先への希望が明るく持てました。

学校からは、かねてから、私が希望を出していた、「より高学年の学生や社会人を対象とする学習相談所の開設」について真剣に検討したいとの申し出を受けているので、その可能性に期待を持ち続けているところです。英語を学習する過程で遭遇している各種の課題について、何らかのアドバイスや並走の機会を提供したいとの私のささやかな希望です。勿論、ボランティアとして無償で奉仕したいと思ってのことなのです。

Comments

この記事に対するコメントを残す