2011年東日本大震災直後のボランティア活動のリーダーと再会しました

カナダのバンクーバーの大学で学習中に北日本の三陸海岸沖で起きた大地震による大津波の被災で日本全体が大混乱に陥ったことを知って、私は急遽日本に帰国し、ボランティアとして被災地応援で7回も宮城県気仙沼市に出掛けたのですが、その時に世話になった佐藤さんが、その後、着手された草加煎餅の小売店の経営を切り盛りされている現場を訪ねました。被災地での彼との出会いで経験した貴重な思い出は書き切れないほど沢山あるのですが、今日は一つも書かないことにします。

Comments

この記事に対するコメントを残す