大切な同い年の親友の体力の衰えが心配になりました

今日は3人会と称する仲間の集まりが2年振りに東京でありました。東京のど真ん中の神田神保町の書籍販売店の多い通りの老舗の飲食店であるビヤホールと称する軽食の店で昼食をはさんで暫く振りの再開でしたが40年余の付き合いとなる友人が少し遅れて到着したのですが、彼が青白い顔つきで入って来たので心配になりました。

一昨日には東京の奥多摩の山岳の高尾山に登って来たというのですが、数種の病を抱えていて、体調が良い時と悪い時との振幅が広いと言うか差が大きいのが私の懸念を倍加させています。短期の間に友人を失くすことの多いこの頃となって来ているので、心配が高まりました。

再会できることがまだまた多いのを祈りながら別れて来ました。

Comments

この記事に対するコメントを残す