ボランティアを募集します

私一人で運営するのでなく、多くの支援者を得て、一緒に、この活動を推進したいと願っています。介護サービスの利用者、そのご家族、福祉や介護の仕事に従事されている実務者、福祉関連の勉強をしている学生、福祉関連の研究者、一般学生、主婦、サラリーマン、その他の一般市民、どなたでも広範な分野からボランティアさんを募ります。

>> お問い合わせ・ご連絡フォーム 

ボランティアを次の3種類に分類します。

A種ボランティア: 実地確認のお世話をしていただきます。

 滅多に実施されていることのない世話項目を、すでに、実施されている施設が口コミで知らされて来た場合には、その真偽を確かめる必要があります。虚偽の口コミ情報を排除しませんと、このサイトの信頼性が損なわれるからです。

(1)そこで、その施設の近隣地区に住まわれているボランティアさんに、実際に施設を訪問していただき、本当に、そうした世話なりサービスを実施している事実を確かめていただきたいのです。

(2)そして、同時に、その施設長なり介護責任者に面談していただき、その内容、特に、何故そのような世話なりサービスを提供しようと思い立ったのかに関して、そのコダワリとか発想について聞き出していただき、それをこのサイトに記載することに同意を取り付けて来ていただき、その報告記事を提供いただくという仕事を引き受けていただきたいのです。

施設訪問をお願いする頻度は余り多くはないと推測されますが、そういった活動をしていただく場合は、交通費(電車・バスなどの公共交通機関を利用)の実額を私の方から返金させていただきます。

B種ボランティア: この活動の運営についてアドバイスをいただきます。

 上記のような実地検証の手伝いはできないが、この活動の運営について、いろいろと意見やアドバイスを頂戴したいのです。新しい世話(サービス)項目の追加や既にサイトに記載している項目の削除や修正、文章の表現の改善、または、この活動の進め方などについてご意見をお寄せいただきます。まったくの無償奉仕の形でお願いします。

C種ボランティア: A種とB種の両方を兼務していただくボランティアさんです。

いずれのボランティアさんも、このアット介護による「介護サービスの向上を促進する活動」の趣旨に共感し同意して、真面目に応援してくださる方だけを、ボランティアとして登録させていただきます。原則として、登録の取り消しは、ご自身の申し出に基づくことにしたいのですが、万一不幸にして、この活動の円滑な運営を妨害したり、支障を及ぼす行為や発言の目立つ場合には、事務局の判断で登録を取り消させていただきます。そういう例が出て来ないことを心から願っています。

Comments

この記事に対するコメントを残す