A01)被介護者本人や家族が希望するなら、施設の集会室など広いスペースを利用して、通夜と告別式の葬儀を営むことが可能あり、施設は指定葬儀社を抱え、割安な価格の実現と親身な便宜を提供している。

ご投稿いただいた施設一覧

神奈川県

聖母の園
所在地:横浜市戸塚区原宿町
施設の種類:特別養護老人ホーム(特養)
メッセージ:平成19年7月に実母が施設で看取られた際に、施設の大広間で葬式を営んでもらいました。カトリックの修道院系の施設でしたが、信者でなかった母でも簡易式と称されながらも、立派で丁寧なお通夜と告別式を行ってもらえる制度がありました。      

死の直後の遺体の処理、装束替え、化粧も手慣れた職員が丁寧で迅速な手つきでこなしてくれました。91歳の高齢死でしたので、自宅や自宅近所の斎場で営んでも参列者が極めて少ないはずでしたが、親族葬としたにも拘らず、非番の施設職員までもが喪服で参拝していただき、現場からは勤務の手を休めてお参りとお別れをしていただきました。お通夜の後の供養の宴も施設内の食堂で行うことが許され、提携の食関係の業者が甲斐甲斐しく世話をしてくれ、全く、社会慣行並みの運営ができました。

翌朝の告別式にも多くの職員と施設利用者が出席されました。式後、火葬場まで神父さんと家族担当職員が出向いて来られ、遺体が炉に入るまで見送っていただきました。そこで「施設としてはここで失礼します」と挨拶され火葬場を後にされました。

そこまでの式の営みへの料金は驚くほどの安さでした。申し訳ないので、予定していた予算の差額から幾ばくかの寄付をお礼としてさせてもらいました。

そして、遺骨拾いからは、仏式の法要に切り替え、そのまま初七日、そして、今年の新盆へと仏式の営みに至りました。

こういう施設があるということを世間に知っていただきたいです。